モテる男の優先順位【最重要】

恋愛本を読んでも意味のない内容だと感じた。

恋愛本に書いてあるテクニックを試しても効果がなかった。

恋愛本に書いてあることは真にモテることとは関係なかった。



そんな経験はありませんか?



実は、恋愛本などに書いてある巷のノウハウは、
知れば知るほどモテなくなる危険性があります。


どうしてでしょうか?


「恋愛本だけのノウハウでは全然足りない」

その理由を説明します。



─────────────────────────────────
恋愛本なんて読んでもしょーがねーんだよ!
─────────────────────────────────


モテるといわれる男たちは

「恋愛本なんて、そんなもん読んでもしょーがねーんだよ!」

と口々に話します。



モテる男がそう言うのは、非常に理にかなっています。



逆に、モテない男が

「恋愛本を読み漁り、何かの知識を得ようとする」

のも非常に理にかなっています。



これらは

【モテる男の仕組み】

においてごくごく自然な流れにほかなりません。




「恋愛本を読み漁り、何かの知識を得ようとする」

この行為をもしもあなたがしていて、かつモテていないのなら、
あなたは危険な【罠】にハマっている可能性が高いです。




今回の話を抑えておけば、あなたは恋愛本やさまざまなノウハウを
知れば知るほどモテることになることでしょう。

しかし、これを抑えておかなければ、どんどんモテない人間に
なっていく可能性があります。




─────────────────────────────────
モテない人がモテない理由
─────────────────────────────────


「なんでこいつはモテるのに、俺はモテないんだろう?」


そう思ったことはありませんか?


恋愛本で恋愛を研究している男性がモテないその理由は、



【「女性に好かれるにはどうしたらいいか」ばかり考えている】


これです。



【女性に好かれようとしている】のでモテないのです。




では、モテる男は、好かれようとしていないのか?

というと全くそんなことはありません。


全くそんなことはないのですが、

モテる男とモテない男では【優先順位が違う】のです。



このことは重要です。

あなたには心して聞いての欲しいのです。



モテない男は

【女性に好かれることが優先順位第1位】

です。


モテない男になればなるほど、女性に好かれようとすることが
ダントツぶっちぎりの第1位となって、そのマインドが言動に
表れてしまいます。


それではモテる男の優先順位第1位はなんでしょうか?


それは



【自分のワールドを守ること】



です。


これが優先順位第1位なのです。



モテる男は、

【自分のワールドを守ることが優先順位の第1位】


【女性に好かれる】のは優先順位の第2位です。



モテない男は、【女性に好かれる】のが第1位で、

【自分のワールドを守ること】が優先順位の10位以下です。




─────────────────────────────────
自分のワールドとは何か?
─────────────────────────────────


これは【モテる仕組み】であり、
【モテる法則】といっても過言ではありません。


モテる男というのは、

【自分のワールドを守ること】

ができている男です。


「自分のワールドを守る」とはどういうことか?

というと、例えば



「自分の主張をしっかりと持っている」

「目的達成のために図々しく振る舞う」

「女性に嫌われる可能性のある言動も堂々とする」



などです。



モテる男は、自分を隠したり偽ったりせず、
堂々と自分を表現することを大切にしているのです。


そして、それらを大切に守った上で、
出来る限り女性の喜ぶことをしようとするのです。




1つ例をあげると、

「デートの時に女性に食事をおごるのか? おごらないのか?」

という問題があります。



これらについて、

「デートの時はおごるべきなのか? おごらないべきなのか?」

という問題は別として、
もし、全国で統計をとることが出来た場合、

「デートしたら食事代は男が出すべきだろうな」

と思っている男性と

「男が絶対におごらないといけない決まりでもあんのか?」

と思っている男性と
どちらが結果的にモテているか?
というと、ほぼ確実に後者となるでしょう。




理由としては、後者の男性のほうが

【自分のワールドを守れている人達の層】

にいる可能性が高いからに他なりません。



しかし、後者の男性たちは決して女性に優しくないわけではなく、
裏ではちゃんと優しいこともしています。



これが

【自分のワールドを守ることが優先順位の第1位】

【女性に好かれるのが優先順位の第2位】

というモテる男のマインドです。



また、少々毒のあるキャラの男性がなぜかモテる理由も

【自分のワールドを守れている人達の層】

にいる可能性が高いからに他なりません。



【女性に好かれること】を優先順位の第1位におくと
どうなるかというと、まずは、


「嫌われてしまう可能性のあること」

「リスクのあること」


をやめようとします。



これを恐れすぎると、自分のことはまるで話さず、
女性に尋問のように質問ばかりしていたり、

自分を殺し、心理学にあるような当たり障りのない会話を試みたり、
「寒くなるのがいやだ」とギャグのひとつも言えなかったりで、


どんどんと

【自分のワールドが壊れていく】

ような会話になっていきます。




─────────────────────────────────
あなたが好きになる女ほど落とせないのはなぜか?
─────────────────────────────────

自分のワールドを持たない男性は、
その人のキャラが立たず弱い印象だったり、
「華」や「オーラ」と呼ばれるものがありません。



この「キャラ」や「華」「オーラ」が、

女性に興味を持ってもらうきっかけになります。



【女性の興味のベクトルをあなたに向けさせる】

ことが重要です。


【何も感じない男】

になってしまってはいけません。

自分のワールドを持たない男性に女性は惹かれないのです。



あなたの周りを見てみればわかるはずです。


あなたの周りにいる、モテるといわれてる男性はほぼ確実に
なんらかの【自分のワールド】を持っていて、
その自分のワールドを守ることを優先順位第1位としているはずです。



モテないといわれる男性は

【自分のワールドを守ること】が優先順位の第1位で、

【女性に好かれることをする】のが優先順位10位以下

となって、女性から「ウザイ」と判断されることを恐れています。



しかし、あなたは、もう【自分のワールド】を守ったとしても
「ウザイ」とはおもわれないでしょう。


なぜなら、恋愛本で研究を重ねたあなたは、女性に好かれる方法を
天然のモテ男よりもたくさん知っているはずですから。

そしてこのサイトがあるからです。






あなたが、意識していない女性とはうまくいくのに

「いざ好きになった女性は落とせない」

という苦い経験があるならば、その理由は



あなたが意識していない女性への、あなたの対応が

【自分のワールドを守ること】が優先順位の第1位

【女性に好かれる】のが優先順位の第2位

になっているのに、



あなたが意識してしまった女性に対するあなたの対応は

【女性に好かれる】のが第1位

【自分のワールドを守ること】が優先順位の10位以下

な行動をしているから、という可能性が高いです。

見事なまでに。





モテる男が

「恋愛本なんて、そんなもん読んでもしょーがねーんだよ!」

というのは非常に理にかなっています。



逆に、モテない男が

「恋愛本を読み漁り、何かの知識を得ようとする」

のも非常に理にかなっています。



モテると言われてる人達は必ず


【自分のワールドを守る】ことの優先順位が高いから


なのです。



モテる男の条件、

「自分のワールドを守った上で、あなたが知っている
女性が嬉しいノウハウを駆使する」



これが出来た時、あなたはモテる男に覚醒します。




どうしても付き合いたい女性がいるあなたへ
この方法を実行してみてください。3分後に彼女の反応が変わります。