モテる男の【告白の使い方】


─────────────────────────────────
高確率で女性を落とすための基本
─────────────────────────────────


女性を落とす。

いわゆる最後の決めの部分です。


ここが弱いか強いか、ここが上手なのか、下手なのかで
あなたの恋愛は相当違ったものになってくるでしょう。


モテる男の条件として外せないのは、

「狙った女性を落とせるか」

ということです。



「なぜ、俺は友達から恋人に脱出できない?」

「いつも友達としてばかり見られてしまうんだよな」


そういう悩みを持った男性もいると思います。



まずはっきりさせておきますが

この「友達」というところまで来てしまえば、

あとは、実はさほど難しくはないのです。



ただし

【やることをやれば】

です。


今回は本当に基本的で、絶対に外せないことをお話しします。


あなたが本当に

「上手に女性を落とせるモテる男になりたい」

そう思うのであれば今回は心して聞いてください。



─────────────────────────────────
告白の使い方
─────────────────────────────────

この決める部分において、


あまり恋愛に慣れていない

女性経験がさほどない 


そういう人が本当によく陥ってる間違いは


【告白の使い方】


にあります。



例えば、慣れてない人というのはどういうことをするかというと


女性のメルアドをゲットできた

食事に誘えた

昼ごろに駅で待ち合わせをし、そのまま遊園地で遊び

そのままレストランで食事をし、外を散歩しながら告白


こういうお決まりのパターンをします。
ほんとに多いです。



そして女性に告白しても

「そんなつもりはなかった」

と言われ撃沈します。



ひどい人になると、


同じ電車で毎朝必ず見かけるかわいい子がいる

いつの日か、その子のことを好きになってしまったが
どうしたらいいのかわからない

思いつめたその男性は、いてもたってもいられずに、
意を決して

「ずっと好きでした。付き合ってください」


と片想いの彼女に告白します。



─────────────────────────────────
好きになればなるほど襲い掛かる2つの罠
─────────────────────────────────


あなたは、そんな男性を

「信じられないことをするヤツだなー」

と思うかもしれません。

でも、事実、こういう男性は本当にたくさんいます。



なぜ、多くの男性はこういうことをしてしまうのでしょうか?



その理由は、



「自分が楽になれるから」です。



【人間はどっちかはっきりしないのが一番嫌い】です。



好きな女性が自分にことを好きなのか、その気がないのか、
どちらなのかを悩むのは非常に苦しいものです。

苦しいので、はっきり決着をつけて楽になりたいのです。

だから、上述のような無謀なことを、相手を好きになればなるほど
したくなってしまいます。




そして、もう1つには人間には

「自分が相手に抱いている感情と同じ感情を、
相手も自分に持っているのではないか」

と錯覚する心理があります。




例えば、ある男性が同じ職場の女性を好きになりました。

男性はその女性のことが気になって、
ついつい、ちらちらと女性のことを見てしまいます。


今日の彼女は明るいなー、今日はいつもと髪型違うなー

くっそ! あの男と今日はやたら話ししてやがる!!


好きになると、このように
相手の行動ひとつひとつが気になるものです。



----------------------------------------------------


しかし、この男性は気弱なので、話しかけることができません。


ではそんな男性がどうするかというと

「かっこつける」

という行動に出るわけです。



または

「好きな女性の前で他の女と仲良くしてみせる」

という行動をとるかもしれません。



なんでこんなことをしてしまうのでしょうか?




それは、その男が彼女のことをいつもちらちらと見ているので

「彼女も俺を見ている」と【錯覚するから】です。

錯覚です。
実際にはその女性はその男性のことを
何とも思っていないことは言うまでもありません。



これが

「自分が相手に抱いている感情と同じ感情を、
相手も自分に持っているのではないか」

と錯覚する心理です。



----------------------------------------------------


「俺はそんなことはない!」とあなたが思っていたとしても

【好きになればなるほど】このような気持ちになってしまうのです。



例えば、好きな女性とちらっと目が合っただけで

「お!これはちょっとは気があるんじゃないか?」

そう思ってしまう。



例えば、ある男性に片想いの女性がいて、
まだ彼女とは何もないが食事に連れ出せる仲にはなれたとします。

その食事の席で、彼女に別の男の話をされた。


こうなると、自分が好きな女性なだけにつらい。
嫉妬や焦りで、なんとかしたいと思います。

そこでその男性がとってしまう行動に

「自分も他の女の話をしだす」

というものがあります。



これも

「自分が相手に抱いている感情と同じ感情を、
相手も自分に持っているのではないか」

と錯覚する心理からきます。

自分が他の女性の話をすれば、彼女も自分と同じように
嫉妬したり焦ったりするのではないか、と錯覚してしまうのです。




この男性が、好きな女性が他の男の話をしだして、
余計に気になってしまう、嫉妬したり焦ってしまうのは

「好きだという感情があるという前提」での話しなので

この男性が好きな女性に他の女性の話をしたとしても、
彼は「ただの感じの悪い男」に成り下がってしまうわけです。


─────────────────────────────────
決めにいく時の大鉄則
─────────────────────────────────



告白は一体どういう時にするものでしょうか?



そもそも告白というものは


【少し好感度が上がる、お互いの好意を確認する儀式】


でしかないのです。



少し好感度が上がるというのは、

思いを伝えるのが上手になって、女性の心を揺らすことができれば、
より好感度が上がる、ということです。



しかし、大前提として

【お互いの好意を確認する儀式】

であることを忘れてはなりません。




モテるためには

【不確定要素をなるべく少なくする】

ことです。




「早く楽になりたい」という心理と、

「相手も自分と同じ感情を持っているのではないかと錯覚する心理」から

基本的に好意を確認する儀式でしかない【告白】を

不確定要素が多いまま、してしまうのです。


告白は基本的に【答え合わせ】でしかないことを忘れてはなりません。



----------------------------------------------------



「高確率で女性を落としたい、モテたい」

「好きな女をなんとかモノにしたい」


あらたがそう思うなら、今から大事なこと言いますので
しっかりと聞いてください。



モテる男の条件、

「高確率で女性を落とせる」

そういう男性が告白で決めにいくのは


女性が【射程圏に入ってきた時だけ】です。


そして、モテる男というのは、この
【射程圏】に入れるのがとても上手なのです。


決められない男は

「自分の感情の赴くままに」決めようとします。

これが「焦り」という奴です。



─────────────────────────────────
まずは射程圏に入れることだけを考えるべし
─────────────────────────────────


射程圏に入れるまでは【無欲】で女性と接することが大事です。


これは本当に重要です。


女性があなたの射程圏に入ってくる時というのは、
あなたが

【無欲で女性が欲していることをやれてる時】

です。




思い出して下さい。


自分で「無理」だと思っていた女性
そんな女性を落とした経験があるという人は

【無欲で女性が欲していることをやれてた】

という方が多いはずです。



この【射程圏】をすっ飛ばしてすぐに決めにかかるのは、
これから女性があなたのことを好きになっていくかもしれない
という可能性の芽を踏み潰すだけなのです。



なぜならば、あなたの良さを女性は

【体験しないとわからない】

からです。

どうしても付き合いたい女性がいるあなたへ
この方法を実行してみてください。3分後に彼女の反応が変わります。