ギャップでモテる!正しいギャップの使い方その1

ギャップがある男はモテる!

 

これはもう定説ですね。

 

モテるギャップとはどんなものでしょうか?

 

不良っぽい怖そうな男が、雨に濡れた捨て猫を拾っていた。

 

いっつもバリバリ頑張っている強気な男が、ぽろりと弱いところを見せた。

 

などは、かなりベタな例ですが、強力に女心を掴むギャップになり得ます。

 

●●そうな人が、■■した。

 

いつも●●な人が、■■した。

 

これがギャップの公式です。●●と■■が、かけ離れた行動であればあるほど、ギャップの力は強力になるわけです。


いつも優しい男がさらに優しくしても、その差を相手に気づいてもらうのは難しいですし、気づいてもらえたとしても、しょせんその男のキャラの想定内に収まってしまいます。

 

確立されている自分のキャラからは予想できない、想定外のことをする。これがギャップです。

 

そこで重要になってくるのが、「自分が周囲から、好きな女性から、どういうキャラだと認識されているか」ということです。これをしっかり掴んでいる人が、ギャップを使った印象操作ができ、効果的に女性からモテることができます。

 

あなたはどんなキャラだと周囲から認識されていますか?

 

自分で思っている自分と、周囲が思っている自分には、大きな違いがあったりします。周囲からどう思われているか、これは意識して気を付けておいたほうがいいでしょう。

 

●●と■■は、かけ離れていればいるほど、その違いからくるパワーは大きくなります。使い方を間違えて、大きなマイナスを生みださないように注意が必要です。

 

●●と■■は、どちらも魅力的である必要があります。

 

いつも優しい男が、犯罪を犯した。

 

いつも威張っている男が、脱糞して泣きだした。

 

どちらも強力なギャップを生みだしますが、モテにはほど遠いギャップであることはお分かりですよね?

 

あなたは普段どんなキャラとして認識されていますか?

どうしても付き合いたい女性がいるあなたへ
この方法を実行してみてください。3分後に彼女の反応が変わります。